トラクターとは

トラクターとは耕作機械やトレーラーを引くために使われている車です。
広い農地で農業をするのには欠かせない、農業機械です。
溝の深い大きなタイヤが特徴的で、車と違いハンドルと座席は真ん中にあります。
床には4つのペダルがあり床にはクラッチ・二つのブレーキ・スロットルの合計4つのレバーがついています。
ほとんどのトラクターはマニュアルトランスミッションで、時速約40km/hまで出すことのできるギヤがついています。
しかし現在のトラクターのほとんどは自動車のオートマ車のようになっていて、昔に比べ運転しやすくなっています。

現代では農作業(農業)をする人が減ってきたため、それに合わせてトラクターの需要も落ち込んできています。
そのため新品のトラクターを新たに買う人よりも中古トラクターを求める人が増えています。
トラクターを取り扱うメーカーで有名な所と言えば、クボタ・ヤンマー・イセキ・三菱などがあげられます。
ここではそんなメーカーの中でも農機具・農業機械の老舗クボタトラクターを取り上げていこうと思っています。

クボタ以外にもトラクターに関する話題はどんどん取り上げていきます。
その他のトラクター情報なども書いていけたらいいと思っていますので、どうぞよろしくお願いします。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/46528514

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。